QWERTY患者(完治)の日記

DAPやイヤホン、カメラ関連についてだらだらと書いています。

ゼンハイザーTWSの比較(SENNHEISER CX True Wireless VS SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2)

2021年7月8日に SENNHEISER CX True Wireless が発売されました。
ja-jp.sennheiser.com
既に保有している SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2 と比較してみたいと思います。
ja-jp.sennheiser.com

①外観
f:id:myzwtk:20210718195907j:plain
f:id:myzwtk:20210718195933j:plain
価格の差もありますが、MOMENTUM の方が高級感があります。ファブリック素材は大好物ですので。
イヤホンもブラックにシルバーと格好いいですね。
CX もマット素材になっており、指紋は目立つことはありません。

②取り出しやすさ
f:id:myzwtk:20210718200416j:plain
f:id:myzwtk:20210718200347j:plain
こちらについては、個人的に非常にポイントとしている部分でして、取り出そうとしても滑って取り出せないものもあります。
サッと取り出せ、サッと音楽を再生する。TWS の重要な部分だと思います。
これについては、CX の方が高さがあり取り出しやすいです。MOMENTUM も悪くはありません。

③遮音性
f:id:myzwtk:20210719081258j:plain
f:id:myzwtk:20210719081321j:plain
ともに「パッシブアイソレーション」を採用し、遮音性の高い構造になっています。
MOMENTUM はノイズキャンセリングで更に遮音性は高くなっています。
因みにノイズキャンセリングは他社に比べ、若干弱めかなと思います。効かせすぎて籠もるよりはいいですが。

④音質
f:id:myzwtk:20210718201042p:plain
f:id:myzwtk:20210723163247p:plain
f:id:myzwtk:20210718201101p:plain
f:id:myzwtk:20210718201122p:plain
f:id:myzwtk:20210718201138p:plain
スピーカー形式はともに 7mmダイナミックドライバーを採用しています。
・CX:トゥルーレスポンス・トランスデューサー ゼンハイザー 7mmダイナミックドライバー
・MOMENTUM:ゼンハイザー 7mm ダイナミックドライバ
フラットかつ Warm 寄りかと思います。個人的には若干 CX の方がクリアかな?と思います。
MOMENTUM の方は「高性能サウンドチューニング」という項目があり全体的な音はこちらの方が上かなと思います。
CX の方は「ベースブースト機能」があり、低音は CX の方がパンチがあります。
価格の差を考えると CX 頑張っていると思います。

⑤接続
・CX:Bluetooth 5.2対応 + Class 1(10mW)
・MOMENTUM:Bluetooth 5.1 + Class 1(10mW)
これについては、CX の方が途切れにくいです。
個人的には TWS で途切れないものはないと思っていますので(特に人の多い駅など)途切れにくい方がいいでしょう。

CX については、アプリ起動時にファームウェアのアップデートが来ていましたので、アップデートしましょう。
※結構時間がかかります。

⑥動作時間
・CX:イヤフォン本体:最大9時間 / ケース併用で最大27時間
・MOMENTUM:本体のみ最大7時間 / 充電ケース併用で最大28時間
これについては、CX の方が持ちます。
MOMENTUM は ANC、高性能サウンドチューニングをONにすると大体5時間ぐらいで警告音声が流れます。

MOMENTUM はフルスペックと言ってもいいくらい機能盛りだくさんです。価格が価格ですから。
純粋に音楽だけを楽しむのであれば CX も良い選択だと思います。

すっかりゼンハイザーの虜になってしまいました。
有線イヤホンも欲しくなっちゃいました……でも高いので簡単に手が出ません。宝くじでも当たらんかな。